西洋人は脇の臭いもブランディングする?

日本人固有の臭い事情!

欧米人の場合、臭いは異性を引き付ける魅力のひとつと考えます。
その考え方によれば、脇の臭いがコンプレックスになるなることも生じえません!
むしろ自分だけの臭いをフアツシヨンやメイクと同じように「個性」ととらえ、ブランディング化します。

 

これに対して、私たち日本人はもともと体臭が強くなく、ワキガ人口も少数派です。
日本でのワキガ人口はは全体の15%程度です。人混みでもワキガ臭と遭遇することは、あまりありません。
逆に考えると、日本では、ワキガの二オイはどうしても目立つてしまいます。

 

また日本人は大の風呂好き、清潔好きです。毎日のように、体を洗い臭いをしっかり洗い
流す習慣がありますから、体の二オイもほとんどしません。
そのため他人の臭いに対して非常に敏感になつてしまい、わずかな体臭でさえも鼻
についてしまつて、強い拒否反応を表してしまいます。

 

 

同じ香水を使うにしても、欧米人は自分の体臭を隠す目的での使い方はしません。
むしろ自分の臭いを際立たせてて、より魅力的なフェロモン効果のある香りをまとうのです。
「外見的にどんなに魅力的な人でも、その人の臭いがしないと異性のアピールを感じない!」

 

このように体の臭いを位置づける社会では、ワキガで悩む人はほとんどいません。
病院での治療にしても、臭いよりも、むしろ多量の汗を抑えるのが目的です。
ところが、日本では臭いを控える治療がメインとなります。

 

だからあまり深刻になやまないことも大切です。
デオラボイオンクリア

 

OLの脇の臭いの解消体験談はこちら